TOP > カラコンの安全な使い方

カラコンを安全に使うために知っておいてほしいことをお話しします。

まず、カラコンに汚れは大敵です。ですから、着ける前に爪を整えましょう。

爪を長く伸ばしていると、カラコンや目を傷つける原因となってしまいます。

おしゃれに爪を伸ばしてマニキュアを塗ったりしたい気持ちもわかりますが、

カラコンを着けるなら、できれば爪は短く切り、いつも清潔にしておきましょう。

次に、手や指を石鹸で綺麗に洗いましょう。

カラコンに指の汚れが付着すると、目を傷める原因になりかねません。

また、カラコンに傷や変形、変色がないかもよく確かめましょう。

もし異常が見つかった場合は絶対に使わないようにしましょう。

普通のコンタクトレンズでも同じですが、

始めのうち、カラコンに慣れるまでは少しずつ装着時間を伸ばしていきましょう

初日は4時間位で外します。それから、1日1時間くらいずつ伸ばしていきます。

カラコンの装着時間は原則として1日8時間までです。

目の様子を見ながら、無理はしないようにしましょう。

何か異常を感じたら、すぐに眼科に行って診察を受けましょう。

1日で使い捨てタイプのカラコンを使っている場合以外は、外した後のケアも必要です。

カラコンを手のひらに乗せて洗浄液を数滴垂らし、指で10秒ほどこすり洗いします。

あまりグリグリと回さずに一定方向にこすります。

次にカラコンの両面をよくすすいで洗い流しましょう。

カラコンケースも洗浄します。洗浄液または保存液をたっぷり入れます。

洗浄したカラコンを片方ずつ入れてキャップをしっかり閉めて保存します。

決められた使用期間が過ぎたものは、汚れが付着したりタンパク質が付着したりして

目に悪い影響を与えます。必ず使用期間を守って使用しましょう。